*

交通事故は誰もが加害者になりうる最も身近に起こる事故と言えます。紅葉
ですから、常に安全に気を付けた運転をする必要がありますし、
ドライバーにはそれが義務付けられています。自動車は非常に便利な
道具なのですが、使い方を一つ誤れば一瞬にして凶器となります。
では安全運転のテクニックとはどのようなものでしょうか。実は
テクニックとして何か特別の操作をするということはありません。
運転教習所で勉強したことが運転の基本となるのです。むしろ意識
の持ち方に大きな意味があります。その一つは「予測運転」という
ことです。例えば路上駐車のある道路を直進することを想定してみ
ましょう。乱暴な運転をする人は「駐車中の車の陰から歩行者が飛び
出すことは、ないだろう」と考えて運転します。しかしもし歩行者が
駐車中の車の陰から飛び出してきたときに対応できません。一方、
「あの車の陰から人が飛び出してくる、かもしれない」と常に注意し
て運転する場合、スピードは必然的に控えめになりますし、もし仮に
人が飛び出してきたとしても緊急のブレーキを踏むことが可能です。
このように「だろう」運転ではなく「予測運転」をすることによって
少しでも交通事故のリスクを低くすることができるのです。