雨の日に増える事故とは

雨の日に増える車の事故には次のようなものを挙げることが湖畔01
出来ます。
まず、天気の良い日に比べて見通ししが悪くなることによって
起きるもので、視界が悪いことで運転する人が歩行者や自転車、
車などに衝突してしまったり、逆に歩行者や傘をさしたまま走る
自転車などが車の姿を確認出来ずに飛び出してしまったりするこ
とによって起きるものがあります。
このように見通しが悪いことによる車や人との衝突などを防ぐた
めには、天気の良い日よりもより慎重に運転するといったことが
必要になります。窓の曇りを防止するための曇り止め用品なども
視界確保のために準備しておくのがおすすめです。歩行者や自転
車で走行する場合には、傘で視界を遮らないように注意したり、
目立つ色の服を着るといったことが大切になります。
また、路面が濡れていることで乾いた路面に比べてブレーキをか
けてから止まるまでの時間も距離も長くなったり、スリップして
ハンドルをとられてしまうことが多くなります。
こうしたことから、雨で路面が濡れている時に運転する場合に
は晴れた日よりもスピードを抑えて走ることを心がけるようにし
て、前の車との車間距離も十分に取って運転することが重要にな
ります。