飲酒運転が危険な理由

飲酒運転によって若い命が失われる事故が多発したことなどを
受けて、罰則が厳しくなりました。そもそも飲酒がなぜ危険な
のでしょうか。アルコールが運転に及ぼす影響を簡単に説明し
ます。
アルコールが血中に残っていると脳は麻痺した状態になります。
脳からの命令を伝える神経の働きが鈍くなっているので、運転に紅葉と川
必要な各機能の働きも鈍くなっているのです。
正常時であれば危険と察知すれば脳が瞬時に反応して、回避する
行動に出ます。しかし、血中にアルコールが残っているとその判
断が遅れて大事故になりかねないのです。ビール一杯だけだから
大丈夫というのは間違いです。自分は大丈夫と思っても、血中に
多少なりともアルコールが残っていると、通常よりも判断力が鈍
ります。少しでも飲酒をしたら絶対に運転はしないことです。
また、飲むかもしれないとわかっているなら最初から車で出かけ
ないことです。それに、同乗者もドライバーに飲酒を促すのも厳禁
です。今の法律ではそういった場合には同乗者や飲酒を進めた
店側にも罰則が科せられる決まりとなっているのです。
お酒に強い弱いは関係ありません。血中にアルコールが残っている
限り絶対に運転はしないことです。車は使いようによっては凶器と
もなるのです。飲んだら乗るなは原則です。