高齢者と子供に多い事故とは

現在、車なしの生活は考えられない社会になっています。それに}PgžxQ
伴い、車に関連した危険な場面に遭遇するすることも多いです。
車を運転していて、ハッとしたことも一度や二度ではないでしょう。
特に一般道での朝、夕方、休日など、道路が混雑する時にはそんな
場面も多くなります。朝の通学時、夕方の下校時や塾や遊びに出
かけるときの子どもには、十分気を付けなければいけません。
このような場合は、基本的に親が一緒にいないことが多いです。
友達との話に夢中になり、車の存在に対しての注意力がかなり落
ちています。また、急に方向を変えたりなど、想像していない動
きをすることもあります。そんな時、車の運転手も他事を考えた
りして注意力が散漫になっていたらどうでしょう。ひじょうに危険
な状態を作り出しています。また、高齢者の方が自転車に乗ってい
るなど、少しふらついたりされることもあります。いずれにしても、
車の運転手が予想していない動きの中で事故が発生してしまうこと
が多いのではないでしょうか。どちらも、安全に対する注意力が少
し散漫になってしまっていることが原因のように思います。お互い
に、こちらの存在をわかってくれていると思うことはひじょうに
危険なことです。