見落とし事故を防ぐに方法

車の運転は、誰しもが集中して行っているはずです。それでも、
事故は起きてしまいます。事故の原因に見落としがあります。
夜などは、視界が悪く、十分に気をつけなければいけません。
とくに、雨の日にはさらに視界が悪くなり、事故を起こす危険性
は高くなります。見落としを防ぐためには、どんな状況において
も緊張感を持って運転するのは当たり前のことです。しかし、
それだけでは十分ではありません。見落としのないように、常に
しっかりとした視界を確保しておく必要があります。そのためには
、窓をきれいにしておくなどの普段の手入れも必要です。雨の日に
は、内側のガラスが曇りやすくなる状態になることもあります。
まさに、雨の日の夜はひじょうに危険なのです。常に内側の窓も
きれいにしておくことやワイパーゴムの確認など、運転前に気を
使うことも必要です。また、運転中に他のことを考えたりしてい
れば、見落としをする可能性は高くなります。これらのことは、
運転経験や技術とは関係のないことです。誰しもが注意すればで
きることなのです。運転前の準備と、常に危険を予測して運転す
ること、そうしたことを心がけることで見落とし事故の危険性は
低くなっていきます。