シートベルトやチャイルドシートの必要性と有用性

交通事故は幸いなことに近年減少傾向にありますが、こうした
傾向になってきた大きな要因はシートベルトとチャイルドシート
の装着率が上がってきていることが挙げられます。かつてベルト
を締めて運転することは「窮屈だ」としてそれを嫌がるドライバー
が大変たくさんいたものです。しかし、ベルトを締めないまま高速
で追突事故を起こした場合、私たちは自分自身で自分自身の体重を
支えることができません。特に助手席や後部座席に座っている人は
衝突の衝撃でフロントウィンドウを突き破り車外に放り出されるよ
うな事態が大変多く生じたのです。これは子どもについても同様で
す。むしろ子どもは体が小さい分、車外に放り出されてしまう可能
性が非常に高く、このためチャイルドシートの装着が義務付けられ
たのです。ドライバーにとってはベルトの装着によって正しいドラ
イビングポジションが確定し、長期的に見た場合に運転の疲労の蓄
積がかなり軽減されます。レーシングドライバーのレース中の様子
を見ても、彼らは必ずベルトを装着しています。こうしたことが、
ベルトを装着することが事故やトラブルにおいて自分の身を守る第
一の方法であることを示していると言えるでしょう。