スリップ事故を防ぐ方法

“雨の日の運転は、タイヤのグリップ力が弱くなるためにスリップ事故
を起こしやすくなります。スリップを未然に防ぐための基本は、
雨の日の運転はスピードを落とすということです。晴れの日と同
じような感覚で運転するのではなく、雨の日はスリップするかもし
れないという緊張感を持って運転することが大切です。
二つ目は、溝がすり減ってスリップサインが出ているようなタイヤ
では運転しないということです。タイヤの溝の中を覗いてみると、
スリップサインという突起があります。このスリップサインよりも
溝が少なかった場合は、タイヤの交換サインです。これは法令で定
められています。もし、スリップサインが出た状態で雨の日に運転
するなら、タイヤの雨はけが悪くなり、タイヤと路面との間に水が
浸入するために、グリップ力を失ってしまうのです。そのために
スリップを起こします。
車が一旦スリップすると、ハンドルがきかなくなり、スピンを起こし
たり、ストップすることができなくなったりして、大きな事故につな
がってしまいますので大変危険です。また、タイヤの性能にも注意を
払う必要があります。タイヤによって性格が違い、雨の日の走行を重視
した作りのタイヤも販売されています。